公開日: 2020年8月7日

夏の元気は食事から

竹内啓吾竹内啓吾
  • シェア
  • twitter

こんにちは、事業サポート部の竹内です。

梅雨も明けて厳しい暑さになってきましたね。この季節、気になるのは『夏バテ』です!今回は、夏を元気に過ごすための食事のコツをおさえていきましょう!

夏にやりがち!?こんなことはありませんか?

チェックしてみよう!!

①口当たりのよい冷たい麺類ばかり食べている

②ジュースやアイスなどで糖質を摂りすぎる

③冷たいものばかり飲食する

夏だからこそきっちり摂りたい栄誉素

たんぱく質・ビタミンB群

食欲不振で食事量が少なくなると、体をつくる主成分のたんぱく質や糖質の代謝に関わるビタミンB1やB2が不足しがちになります。

ビタミンC

暑い外と冷房が効いた室内の往復は、体にとって大きなストレスです。

ストレスを強く感じると、ビタミンCが消費されやすくなります。

鉄分

大量の汗とともに鉄分が排出されると、体内で鉄分不足気味に。

疲れやすくなったり、だるくなったりします。

「食欲がわかない」そんな時のひと工夫

酸味をうまく取り入れよう

口当たりの爽やかな酢の物を取り入れたり、揚げ物にはレモンやライム、ポン酢などを使ったりするとさっぱりと食べられます。

香辛料で少し刺激を加えよう

香辛料や辛味が食欲を促進。

唐辛子や山椒などは夏場を乗り切るスタミナ料理にピッタリです。

香りで食欲をアップ

栄養が豊富なニンニクやショウガは、香りで食欲を増進させてくれます。

まとめ

”夏バテ”の原因は、「暑さによる食欲低下で栄養が不足するため」「大量の汗で体の水分やビタミン、ミネラルが失われるため」「室内と野外の温度差に体がついていけず自律神経が乱れるため」などが主なもの。

夏はいつも以上に食事に気を使いたいところです。

最近の食生活を振り返って見直してみましょう!

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
竹内啓吾

竹内啓吾

【第2種衛生管理者、健康管理士】
入社してから宅配事業部で営業を2年経験し、営業所の店長を5年経験しました!(高砂で3年、稲美で2年)日々バイクで走り回っていたのでかなりその地域の事が詳しくなりました。 現在は経理担当者3年目として、ヤクルトレディさんが安心して仕事ができるよう本社からサポートしています!現場での経験を活かして頑張ってます!
《得意分野》 乳酸菌、税金、健康保険
竹内啓吾

最新記事 by 竹内啓吾 (全て見る)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket