公開日: 2019年12月18日 - 最終更新日:2019年12月18日

便秘のキーマンは実は腸なんです!快腸快便の秘訣を徹底解説!

奥田徳子奥田徳子
  • シェア
  • twitter

こんにちは。兵庫ヤクルトの奥田です。今日は便秘についてお伝えし、快腸快便の秘訣を徹底解説します。

そもそも便秘とは?

排便回数が減ったり、便が硬くなって排便が難しいと感じたりする状態が便秘です。また、毎日排便があっても便が硬くて量が少なくスッキリしない場合や、便を出す時に苦痛を感じる場合は便秘です。便秘をそのままにしておくと、腸内で有害な物質が生成されたり、腹痛や吐き気などを引き起こしたりすることもあります。恐ろしいですよね・・・

日本人に一番多い便秘ってなに?

加齢や運動不足などから腸の働きが弱くなり便を押し出せなくなって起こる便秘が一番多いと言われています。実は便秘にもいくつか原因があるのです。

便秘は、その原因によって「器質性便秘」と「機能性便秘」に大別されます。「器質性便秘」とは、病気が原因で腸に狭い部分ができるなど、構造上の異常により便通が妨げられて起こる便秘です。一方、「機能性便秘」には、腸の動きが弱く便を十分押し出せなくなる「弛緩性便秘」、直腸の反応が鈍くなり便意を感じにくくなる「直腸性便秘」、腸の動きが活発になりすぎて便が通りにくくなる「けいれん性便秘」の3種類へとさらに分けられます。男性よりも女性の方が便秘になりやすく、便秘である女性の数は男性の約2倍といわれています。
【引用】ヤクルト中央研究所 健康用語の基礎知識INDEX-索引

便秘のキーマンは腸なんです!

腸の働きが悪くなって起こる便秘は、食事や生活習慣に気を付けることで予防・改善できます。次項で紹介する快腸快便のポイント実行して一緒に今日から腸を元気にして、毎日の快便を目指していきましょう♪

快便4つのポイント

バランスのとれた食事

1日3食の食事はバランスよく。特に食物繊維は、便の量を増やし排便のリズムを回復させます。腸内環境を整える乳酸菌も、毎日とりましょう。

水分補給をしっかりする

水分は便を柔らかくし、排便しやすくします。十分な水分補給を心がけましょう。

適度な運動を心がける

意識して体を動かしましょう。便秘には、ウオーキングや腹筋運動もおすすめです。

トイレタイムを作る

毎日、同じ時間にトイレに入る習慣をつけます。また、便意のガマンは禁物です。

以上が快腸快便の4つのポイントでした。

ちなみに、みなさんは乳酸菌は接種していますか?

乳酸菌は、広く自然界に生息しています。古くから、チーズ、味噌、醤油、漬物などの発酵にも利用されてきました。生きて腸に届くタイプの乳酸菌は、腸内で乳酸などを出し、腸の運動や食物の消化、吸収を促します。また、腸内で有害な物質がふえるのを抑えます。

 

まとめ

今回紹介した快腸快便の4つのポイントは分かりましたか?食事と運動そしてトイレタイムを心掛けてみましょう♪便秘は体にも、お肌にもよくありませんよね!あなたも今日からおなかスッキリ生活始めてみませんか?

【関連記事】
・体からのお便り(便)、滞っていませんか?
・ビフィズス菌ってどんな菌??
・ヤクルト社員が教える、腸内にいる腸内細菌の重さは知っていますか?

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
奥田徳子

奥田徳子

【健康管理士一般指導員】
ヤクルトレディを5年経験し現在は、本社直販事業部お役立ち推進チームで地域の企業の皆様の「健康経営」のお役立ちを中心に日々奮闘しております。お客様を健康と笑顔にすることが最大の目標です。
《得意分野》人間観察、忖度
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket