公開日: 2019年9月24日 - 最終更新日:2019年9月27日

神戸ワイナリーで収穫祭♪兵庫ヤクルトオリジナルワインをつくろう!

原田飛鳥原田飛鳥
  • シェア
  • twitter

こんにちは、宅配事業部の原田です。
2019年9月14日(土)に神戸ワイナリー(農業公園)にて『収穫祭』があり、オリジナルワインに使用するぶどうの収穫を兵庫ヤクルトの役員・社員・ヤクルトレディの代表が行いました。

兵庫ヤクルトがワインオーナー?

兵庫ヤクルトは管轄エリア内にある神戸ワイナリーさんの「神戸ワインオーナーズ」に加入しています。どんなことができるのかというと、ワイナリー内の赤ワイン用ぶどう品種『カベルネ・ソーヴィニヨン』の”オーナー樹”の特定や栽培管理、収穫作業などが一年間通じて体験できるんです。(一般の方も4月に応募できますよ。私の実家でも何年か参加していました)

兵庫ヤクルトがオーナーになったのは4年前。「兵庫ヤクルト60周年の記念にオリジナルワインを」とはじまったのがきっかけです。ここでつくられたオリジナルワインは毎年1月に行われる従事者大会でヤクルトレディさんたちにも振る舞われているんですよ。

ワインをつくろう♪

6月頃

4月中旬頃から新しい枝が伸びだして、ぶどうの房がつきはじめます。そして6月頃になると役員・社員・ヤクルトレディの代表が農場に行き、講習を少しうけてから栽培体験を!

伸びた枝は倒れないように固定して、延びすぎる枝や葉を切り止めます。

9月頃

収穫の20日ほど前になるとぶどうの色は真っ黒になり生産者にとって一番の喜びの収穫です!一房一房選果しながら丁寧にハサミで収穫します。とても甘くて美味しいですよー。

一日では取りきれないのであとはプロにおまかせです。その後は、神戸ワイナリーでじっくり醸造してもらって出来上がるのを待つだけ♪

神戸ワインってすごい!

国産ぶどうだけを使った国内製造品に限ってラベルに「日本ワイン」と表示できるので、神戸産のぶどうのみでつくる神戸ワインの人気が高まっているそうです。今年の6月に行われたG20大阪サミットの夕食会で振る舞われたり、香港の祝賀レセプションで乾杯酒で提供されたりと、輸出も多くされているそうです。

私も初めて知ったのですが「神戸ブランデー」もあるですね。

楽しいイベントの1つです

暑い時期ですが、みんなで楽しく作業をしています。できあがったワインには写真も張られていて、特別なワインです。もったいなくて、飲めませんね。(笑)
6月、9月とも作業に精を出した後のお昼には農業公園でのバーベキュー!ワインはあるしぶどうジュースもある中での食事は最高♪外でみんなで食べるととっても美味しいですよね。

まとめ&場所情報

兵庫ヤクルトではいろいろなイベントがあり、普段では体験できないことも経験できます!仲間とのたくさんの楽しい思い出が増えていきますよ。今回の収穫祭はヤクルトレディのお子さんも一緒に参加できるとっても楽しいイベントでした。来年のワインのできあがりも楽しみです。

場所情報

◆神戸ワイナリー(農業公園)
◆兵庫県神戸市西区押部谷町高和1557-1
◆TEL / 078-991-3911
◆営業時間 / 9:00~17:00
◆開園日 / 年中無休 ※年末年始及び2月の施設点検期間は除く
◆入園料・駐車場料金 / 無料

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
原田飛鳥

原田飛鳥

【健康管理士一般指導員】
ヤクルトレディー歴9年、ステップアップをしてトレーナー1年、社員として5年、2018年グループ長となり、西神、玉津、明石のエリア3店舗を担当しております。ヤクルトのお届けを通じて、多くの人に笑顔と健康と地域の情報をお伝えしていきたいです。いろんな方に会えるのが楽しいです。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket