公開日: 2021年1月28日

花粉を99%カット⁉花粉シーズンは『手作りインナーマスク』で立ち向かおう!

小町奈々恵小町奈々恵
  • シェア
  • twitter


こんにちは。人づくり推進室の小町です。早いもので、もうすぐ2月がやってきますね。2月といえば、一部の方々にとっては憂鬱な「あるもの」がやってくるシーズンでもあります。そう!『スギ花粉』です。2月から3月にかけてピークを迎えるといわれています。
「あーこれからムズムズした日々を過ごさないといけないな…」と感じている方に耳より情報。なんとその花粉を99%カットするマスクが自分で作ることができるんです。マスク生活が続く今こそ、普段つけているマスクにひと手間かけて花粉シーズンに立ち向かいませんか?

今年の花粉情報


日本気象協会によると今年の花粉の飛散は、例年よりも少ない見込みだそうです。ですが、非常に少なかった前シーズン(昨年の春)と比べると多くなる予測のため、前シーズンに花粉症の症状が弱かった人も今年の春は注意が必要です。

花粉を99%カット!インナーマスクって?

マスクを装着することで、吸い込む花粉の量はおよそ3分の1から6分の1に減少させる効果があり、性能の良いマスクでは95%以上の花粉をカットできるものもあります。ですが、横に隙間ができるとそこから花粉が入ってしまいます。マスクを選ぶ時には顔にフィットことが大事なのだそう。

今回ご紹介するインナーマスクを使用すると、さらに鼻に入る花粉が減少します。その花粉除去率は99%!インナーマスクをすると、市販のどんなタイプのマスクでも99%の花粉をカットできるんです。

出典:環境省花粉症マニュアル

『手作りインナーマスク』を作ろう

準備するもの

不織布のマスク
市販のガーゼ 縦横10㎝程度 2枚
化粧用コットン 1枚

作り方

➀化粧用のコットンをまるめます。

➁まるめたコットンを1枚のガーゼでくるみます。


「インナーマスク」ができました!

➂もう1枚のガーゼを4つ折りにします。

➃不織布のマスクに➂をあてます。

➄鼻の下に➁の「インナーマスク」を置き、➃のガーゼをあてたマスクを装着します。

息が苦しい場合には、コットンの厚さを半分にしてくださいね。

着け心地は?

鼻の下にインナーマスクがあるとちょっとごわごわするのかなと思いましたが、つけてみると口元にも空間ができるので楽ちんです。鼻からも息がしやすいのでこれで99%も花粉がカットできるのならとってもいいですよね。
これからの花粉シーズンが気になる方は、ぜひ「インナーマスク」を作ってみてくださいね。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
小町奈々恵

小町奈々恵

【健康管理士一般指導員】
2010年入社、宅配事業部で2年間営業を経験し、その後、須磨エリアの店長として須磨のみなさまと交流をしてきました。現在は人づくり推進室に所属し、新人ヤクルトレディへの研修や活動資材の作成を行っています。 新人ヤクルトレディが楽しく仕事をスタートできるように、そして地域のみなさまに笑顔と健康をお届けできるように全力で取り組んでいます。
《得意分野》乳酸菌パワーについて、ウンチについて
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket