公開日: 2021年12月30日

「七草粥」春の七草の効用ってなに?1年の健康を願って食べよう!

小西優也小西優也
  • シェア
  • twitter

2022年1月7日(金)は七日正月ともいい、1年の無病息災を祈る行事が行われます。

その日の朝に”春の七草”が入ったおかゆ「七草粥」を食べると1年を元気に過ごせるといわれています。

七草粥ってなに?

古くに中国から伝わり、江戸時代になって一般に広まったといわれる七草がゆの風習は、今も受け継がれています。また、おせち料理などのごちそうを食べて疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという役割があります。

春の七草の効用とは

春の七草とは

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずな
  • すずしろ

七草の効用は下記の通りです。

まとめ

早春の若菜を入れた七草がゆは、疲れた胃腸を休めるのにおすすめです。
1年の健康を願い、行事食を楽しんでみませんか?

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
小西優也

小西優也

【食品衛生責任者】
2014年に入社、宅配事業部で1年営業を経験し現在は事業サポート部に所属しています。兵庫ヤクルトでは2009年にISO22000を取得し、私は運営の事務局をしています。地域のみなさまの手に安全で安心なヤクルト商品が届くように取り組んでいます。ご家庭でもできる食品の衛生管理や対策など発信していきます。
《得意分野》衛生管理
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

月別アーカイブ