公開日: 2020年2月8日 - 最終更新日:2020年2月8日

ヤクルト美容社員が伝える!乾燥が原因でお肌がボロボロにならないようにケアしましょう♪

名定智子名定智子
  • シェア
  • twitter

乾燥はお肌の大敵ですよね。特に「冬乾燥」は肌を手で触れても、鏡をみても分かり易いサインがあります。今回はお肌の乾燥度合いをチェックリストから認識して正しいケアを始めましょう♪

なぜ乾燥するの?

乾燥は気候に大きく関係します。冬乾燥は特に気候の変化も激しく、室内温度との差が身体へのダメージを与えてしまうのです。

手足のカサカサや唇のカサカサは体が乾燥しているサインですが、原因は他にもありますよね。お肌のチェックをしてみましょう!

あなたの乾燥度合いは?お肌チェック!

□室内温度は高いほうである。

□普段から体温は低く冷え性である。

□水分補給ができていない。

□毎日排便しない。

□運動はしない。

□手足や唇がカサカサ。

3つ以上当てはまると乾燥の危険がありますよ~・・・

保湿ケアが1番!

保湿ケアと聞くと全身クリームや保湿クリームと思いがちですが、それだけでは中々ケアできません。お風呂タイムの見直しとその前後のケアが大切です。

お風呂タイムでのケアは?

冬乾燥には、お湯に浸かるのが一番です。体温を高め血液の流れを良くし、筋肉も和らげてくれます。特に一番のリラックスタイムは、1日の疲れから開放され、ゆったりした時間を過ごすことができます。お肌も柔らかくなり代謝アップにつながります。

保湿ケア

身体や顔を洗うときは、ゴシゴシすると汚れがとれる!と思っていませんか?スッキリするかとはおもいますが、お肌の表面をキズつけてしまい、汚れや菌のすみかを作ってしまっています。


泡を立ててできるだけ優しく洗いましょう。お顔もいっしょです。お肌表面の角質へのダメージは凄いです。お肌に必要な油分を残して、汚れだけをしっかりとりましょう。その後身体の内側と外側にしっかり水分補給してあげましょう。

お肌のメンテナンス

身体の皮膚とお顔の皮膚は厚さや細胞が違うのはご存知でした?それぞれが本来持っている細胞間脂質の量も違うため全身乾燥対策とお顔保湿対策が別々にすることが重要なポイントなんです。それぞれに合ったローションやクリーム・オイルで、保湿ケアをすることをおすすめいたします。

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
名定智子

名定智子

【健康管理士一般指導員 エステ技術:N.E.S.S取得】
平成8年からヤクルトレディを10年間経験し、宅配事業部店長業務を11年、現在は化粧品推進チームに所属して2年が過ぎようとしています。美容スクールの開催やヤクルトレディ・エステティシャンへの化粧品の指導知識、技術、話術を使い分けて「美」を広めています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket