公開日: 2022年8月9日

ご存知ですか?正しい熱中症の予防法・対処法

堂山聡美堂山聡美
  • シェア
  • twitter

こんにちは。人づくり推進室の堂山です。最近、段々暑くなってきましたね。2022年の気温は平年並みから高いところが多いと言われており、早めの熱中症対策が必要です。また、屋外ではマスクの影響により熱中症リスクが高まります。めまいや立ちくらみ、ひどい場合は意識がなくなることもあります。そうならないために、今回は、熱中症対策についてお話します。

熱中症の原因

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。いつでもどこでもだれでも熱中症にかかる危険性があります。正しい予防法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。特に高齢者の方やお子さまは注意が必要です。

症状

めまい、立ちくらみ、筋肉のこむら返り、筋肉痛、大量の発汗、生あくび

病状がすすむと…

頭痛、虚脱感、集中力の低下、判断力低下、倦怠感、嘔吐

熱中症が疑われる人を見かけたら

エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など涼しい場所へ避難
衣服をゆるめ、からだを冷やす
水分・塩分、経口補水液など補給
自力で水が飲めない、応答がおかしい時は、ためらわず救急車「119」を呼びましょう。

予防と対策をしよう!

暑さに負けない体づくりを続けましょう

水分をこまめにとりましょう

スポーツドリンクなどは水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

塩分をほどよくとりましょう

毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、相談の指示に従いましょう。

暑さに対する工夫をしよう

室内を涼しくしましょう

扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。過度の節電や「この暑さなら大丈夫」とガマンしてはいけません。

日ざしをよけましょう

ぼうしや日傘を使用して直射日光をよけましょう。

冷却グッズを身につけましょう

冷却シートやスカーフ、氷枕などを利用しましょう。首元など太い血管が体の表面近くを通っているところを冷やすと、効率よく体を冷やすことができます。

暑さから身を守りましょう

休憩をこまめにとりましょう

暑さや日差しにさらされる環境で活動するときには、こまめな休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

熱中症指数を気にしましょう

携帯型熱中症計やテレビ、Webなどで公開されている熱中症の危険度を気にしましょう。

熱中症警戒アラートを利用しよう!

環境省と気象庁は、令和3年4月下旬から全国を対象に、「熱中症警戒アラート」を運用開始しました。熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけます。発表されている日には、外出を控える、エアコンを使用する等の熱中症の予防行動を積極的にとりましょう。メール配信サービスもあるので、熱中症予防のために上手く活用してみてくださいね♪

詳しくは環境省・気象庁のHPをチェック!

感染症対策も忘れずに!

エアコン使用中もこまめに換気をしましょう

・窓とドアなど2か所を開ける
・扇風機や換気扇を併用する
・換気後は、エアコンの温度をこまめに再設定

最後に

現在はマスクの着用により、さらに熱中症のリスクが高まっています。正しく知って予防・対処しましょう。

【参考】

一般財団法人日本気象協会 熱中症ゼロへ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
堂山聡美

堂山聡美

2018年に入社してから、宅配事業部で営業を2年間経験しました。現場では、お客さまの話に耳を傾け、ニーズにあった商品を提供するよう心がけていました。現在は、人づくり推進室で主に研修や同行、情報誌作成を担当しています。現場で学んだことを生かして、ヤクルトレディが毎日楽しく笑顔で仕事ができるようにサポートしていきます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket